広島でイラスト制作を中心に活動中。イラストレーターえな屋のポートフォリオWebサイト

えな屋ロゴ

  • イラスト制作
  • 漫画制作
  • キャラクターデザイン
えな屋自画像イラスト

コミカルテイストなイラストでわかりやすさをプラス

商材をよりわくわくさせるようなポップでかわいいイラスト制作依頼を個人でお受けしております。
書籍(雑誌・本)、Webサイト等の挿絵に関するご相談・ご依頼はお気軽にお問い合わせください。

イラストをお願いしてみる

イラストの制作料金目安

カットイラスト 小
(5cm角、300px角以内)
モノクロ 3,000円/1枚〜
カラー 5,000円/1枚〜
カットイラスト
(10cm角、600px角以内)
モノクロ 5,000円/1枚〜
カラー 8,000円/1枚〜
4コマ漫画 モノクロ 15,000円/1種〜
カラー 20,000円/1種〜
表紙/メインイメージ等 30,000円/1枚〜
※上記金額は目安になります
※タッチや制作スケジュール、工程などによっては価格が変動します。
※個人の方のご依頼(名刺用の似顔絵、ウェルカムボードなど)も、もちろん受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。
※制作させていただいたイラストは原則1つの媒体に1回限りの使用が可能です。二次使用や別媒体でのご利用は別途料金が発生しますので予めご相談ください。

ご依頼の流れ(依頼方法)

1無料お見積り

こちらからお気軽にご連絡下さい。

※タッチ、用途、使用媒体、納期、ご予算、納品形式などを記載して下さい
※お問い合わせから通常2日以内にご返信させていただきます。

2ラフ制作

発注後、ご依頼内容をもとに白黒のラフ画を制作させていただきます。

※ラフ画制作に入った段階で制作費が発生いたします。

3制作(仕上げ)

ラフ画の確認後問題がなければ、本制作に入ります。

4納品

最終確認が取れましたらメールにて納品させていただきます。
ai/psd/jpg/pngなどでの納品が可能です。

※最終段階で極端に修正箇所が多い場合や、大幅な仕様変更などがある場合は追加費用が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※著作権・版権は当方に帰属します。

えな屋
描いてる人えな屋Twitter

広島で活動をするイラストレーター。趣味はプロレス観戦。
企業のWebデザイナーとして働きながら、イラスト制作のご相談をお受けしております。
コミックエッセイを交えたプロレス観戦ブログ「プロレスと私。時々日常。」運営中。

写真素材 PIXTA AdobeStock

ご依頼はこちらから

イラストをお願いしてみる

info☆enayacomic.com(お手数ですが☆を@に変更してください)
お見積りは無料です。タッチ、用途、使用媒体、納期、ご予算、納品形式などをご記入下さい。
お問い合わせから通常2日以内にご返信させていただきます。

最後まで閲覧いただきありがとうございます。
広島でイラストレーターをしている「えな屋(えなや)」と申します。(よく店舗名?と言われますが名前です!)
デザイン系専門学校で2年間学び、現在勤めている会社でWebデザイナーとして就職し、
あらゆる媒体の(企業、建築業、医療、販売、アミューズメントなど)ホームページ/チラシ/パッケージデザイン、イラスト制作を行っております。

私がWebデザイナーとして6年間ものづくりをしてきた中で感じたことは、「最高にいいものを創出していくには「協力者」が不可欠」ということでした。
それは、クライアント・プロジェクトメンバーや利用される方の声はもちろん、実際の「ものづくりの工程」にも言えることだと思います。
イラストは上手かろうが、下手だろうが「誰でも描ける」ものです。
長く小難しそうなビジネス書でも、キャラクターや挿絵が一つあるだけでわかりやすくなりますよね。
私は例えプロじゃない方が描いたものでも時間がなくて急いで書いたものでも、あるのとないのでは伝わり方が全く違うものだと考えています。

それらをより良いものにするにはどうしても時間がかかってしまいますよね。
もともと幼少期からイラストを描くのが好きだったこともあり、
私も業務としてWebサイトをデザインする際「もっとわかりやすくしたい!」と思い自分で追加で描いたりすることがあります。
しかし、デザインをしながらのイラスト制作ですと時間の都合上「100%良いものが創出できない」、ということも・・・。
「もう少し時間があればもっとわかりやすくできたのに!」と、デザイン(設計)をする者として、少し歯がゆい思いをしたりもしました。
デザインをする時間があっても、それをよりわかりやすく演出する素材を作る時間がない。
そうなってしまうと、せっかく良いものを作っても中途半端になってしまいます。

私の他にもこのようなお悩みで困っている人がいるのではないか、そう思い企業でデザイナーとして働きながらイラストレーターとしての家業を始めました。

読み物や商材を「よりわかりやすくイラスト」。
私の制作した「イラスト」や「漫画」で、みなさまのプロジェクトに”ご協力”させていただければ幸いです。