【ドラゴンゲート】望月成晃ドリームゲート王者戴冠!ジミーズvsVerserKの解散マッチの結果など【2017年9月18日大田区総合体育館大会結果】

ドラゴンゲート, プロレス観戦記


みなさんこんにちは、えな屋です。
遅くなってしまいましたが、久しぶりの観戦レポートです!
今回は9月18日に大田区総合体育館開催された「DANGEROUS GATE 2017」に行ってまいりました!

実は初東京です。
いろんな方からよく「駅が広くて迷子になる!」と聞いていたので初めてのコンクリートジャングルに内心ビクビクしながら出向きましたが、合流したプ女子仲間の後ろについて無事到着しました。(笑)


中継でよくみかけていた大田区総合体育館。
とても綺麗で清潔感のある会場でした。
席もドリンクホルダーもあっていい感じです!
(ちょっとお尻が痛くなったので次はクッション持参しようかな?)

YAMATO選手vs望月選手によるドリームゲートをはじめとするベルト戦の他、ユニットサバイバルレース最下位のVerserK vs ジミーズによるユニット解散DQマッチ。
始まる前から波乱の予感。
レポートスタートです!

目次

【第1試合】シュン・スカイウォーカー&ワタナベヒョウ vs Gamma&しゃちほこBOY


第1試合は見事ユニットサバイバルを勝ち残ったOVER GENERATIION、Gamma選手としゃちほこBOY選手がタッグで登場です。
ゴングキッズを任されたのはEita選手、ここ数ヶ月マイクパフォーマンスの特訓をしておりましたが…選ぼうとしたお子さんがまさかの手を挙げていなかったというプチアクシデントが!
これはある意味天才だな…と思いました(笑)

対するはもう少しでデビュー1年目になる、ワタナベヒョウ選手&シュン・スカイウォーカー選手のフレッシュタッグ。
ヒョウ選手はコスチュームを新調しワイルドな雰囲気に。

最後はトップロープからの見事なムーンサルトでなんとシュン選手がしゃちほこBOY選手に3カウント!
シュン選手・ヒョウ選手共に嬉しそうな表情が伺えました。

【第2試合】B×Bハルク&Kzy vs ドン・フジイ&ジェイソン・リー


香港から参戦のジェイソン・リー選手とフジイ親方のタッグです。
ジェイソン選手は初見でしたが、功夫まじりの軽やかな動きやムーブに夢中になりました!
ジェイソン選手の連続攻撃からのフジイ選手の連続つっぱりは、いいコンビネーションでしたね(笑)
しかし連携ならNORTH TRIBEが一枚上手。
息のあったコンビネーションを魅せ、最後はKZ TimeでKzy選手の勝利!

試合途中ジェイソン選手が見せた、胡座に合掌ポーズでフジイ・ジェイソン組を見送りました。

【第3試合】オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
<王者>ジミー・カゲトラvsヨースケ♡サンタマリア<挑戦者>

第3試合はブレイブゲート王座決定戦です。
前回の後楽園大会、濃厚なキスでカゲトラ選手を失神(白目状態)にまで追い込んだマリア選手。
「キスは初恋から苦手」「対策を練ります」と以前からコメントしていたカゲトラ選手。
一体どのようにしてくちびるを守るのかがファンの中では地味に注目されていました。

いつも入場時につけているマスクのように見えますが…取り外しにくそうな気が…。
まさかの…

マスクのまま試合です。
「いくぞ~!」の声も若干篭り気味で、中盤少し息がしづらそうな場面も見受けられましたが
なんと3度に渡りキスをカバー!!

このままどうなるかと思われましたが…マリア選手、隙を見てカゲトラ選手のマスクを外しなが~~い…なが~~いキッスをお見舞い。
かなり(精神的)ダメージを受けてしまったカゲトラ選手でしたが、しかしなんとか持ちこたえることができました。
ここからお互い一歩も譲らない激しい攻防が繰り広げられました。
カゲトラ選手が車懸の態勢に入るとその隙を見てマリア選手が狙い撃ちの態勢に!
しかし走破させまいとカゲトラ選手がまたも車懸に…!
狙い撃ち→車懸→狙い撃ちとお互い「ここで「車懸/狙い撃ち」が決まってしまったらダメだ」という気迫が伝わりました。
最後はカゲトラ選手が2連続で車懸を決め、カゲトラ選手が王座防衛となりました。
これでブレイブゲートも3度目の防衛。
ブレイブゲートといえばカゲトラ、ではなくブレイブゲート「チャンピオン」といえばカゲトラ選手、といった貫禄が出てきましたね。

【第4試合】土井成樹&吉野正人&Ben-K vs Eita&山村武寛&石田凱士


ゴング前からヤングジェネレーションが奇襲し場外乱闘へ!
その後土井選手をリングに戻し、3人で6連続串刺し(2周分)を敢行!
これを全て蹴りで受け流す土井選手ですが蹴られても蹴られてもすぐにまた走りこんでくるヤングジェネレーションを全部蹴りで返す。
地味~に疲れると思います…!
後楽園大会で吉野選手からフォールをとり、土井吉に対し宣戦布告をしたEita選手は特に気合十分です。
予期しぬくい連携や攻撃をうまく避け、よく周りが見えているなと感じました。

しかしそんなヤングジェネレーションに負けてられないと気合十分な男が一人…。
同世代のBen-K選手です。
最後はトルベジーノ→バカタレスライディングキック→Ben-KボムでBen-K選手が石田選手から勝利しました!

MaxiMuM見事な連携です。
決着後、石田選手を足蹴にしヤングジェネレーションを煽るBen-K選手。
デビュー約1年半とは思えない貫禄です。

【第5試合】オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
<王者組>CIMA&ドラゴン・キッド vs ビッグR清水&Kotoka<挑戦者>

王座在位期間、319日と最長防衛記録を現在も更新中の現王者CK1。
そんなCK1に挑戦表明したのはヤングマキシマム、Kotoka・ビックR清水組でした。
Kotoka選手は、後楽園大会やトライアングルトーナメント戦でも様々な選手から奪ったりと絶好調です。(7月にもCIMA選手から3カウント!)
そしてドリームゲート挑戦権は逃したものの、Kotoka選手とのタッグで気合十分の清水選手。
試合開始前から、土井吉を始め名だたる挑戦者から勝利してきたCK1にどう仕掛けていくかが注目されていました。

試合はKotoka選手がCK1に捕まる時間がかなり多い印象でした。
CIMA選手・キッド選手はKotoka選手のミゾオチ辺りを厳しく攻撃。
起き上がれず、なかなか清水選手に交代する事ができません。
半ば一方的と言える攻撃を繰り返すCK1、キッド選手は得意のダンスのムーブを披露するなど余裕綽々といった様子です。

辛い状況が続いたKotoka選手、なんとかトップロープからのドロップキックで流れを取り戻り清水選手に交代します。
試合になかなか参加できずうずうずしていたのか清水選手絶好調です!
あっという間にCIMA選手、キッド選手をなぎ倒します。

終盤はCK1は、パーフェイクトドライバー/メテオラ→ウルトラ・ウラカン・ラナなどと怒涛の連続攻撃。
しかしこれは清水選手が阻止、すかさずKotoka選手がモモラッチでカウントを狙いますが2で返されます。
最後はCIMA選手が、シュバイン→ダメ押しのメテオラで3カウント!
CK1が7度目の防衛に成功しました!

【第6試合】敗戦ユニット解散ノーDQイリミネーションマッチ
VerserK vs ジミーズ

1ヶ月半に渡る「5Unit Survival Race」に決着がつきます。
負け点の多いユニット同士が大田区大会で対戦し、負けたほうがユニット解散、というルール。
大田区大会前の最終興行東大阪大会の結果、共に15勝17敗のジミーズ・VerserKによる解散マッチが決定しました。

ジミーズは全身ペイント、一方VerserKはかねてより鷹木選手が予告していた有刺鉄線を用いたあらゆる武器を持ち込み、ミリタリースタイル(パンチ選手はスーツ)での登場。
両者並々ならぬ気合を感じます。(ジミーズは入場後円陣を組んでいました。)
解散マッチのルールはノーDQマッチ。
「No Disqualification Match」の略称で、レフェリーが止めない限りはあらゆる凶器、反則が認められるまさにデンジャラスな形式での試合形式のことなんだそう。
ユニット解散マッチを生で見るのは初めてなのですが…有刺鉄線も初めてです。
いろんな意味で緊張してきました。

試合開始から10分ほど。ジミーズにチャンス到来です。
パンチ選手を捉え、光の輪で3カウント!
そのままの勢いで進む選手とスカイドラニーで追撃を仕掛けますがVerserK組はなんとコーナーに有刺鉄線板を設置…!
リンダ選手に投げられ背中を板に打ち付けてしまったクネス選手…起き上がれず3カウントを取られてしまいました…。

VerserK4人を1列に並べ、神田選手先頭のリンダ選手にジョンウー!
そのまま勢いで倒れこみ、後尾にいた吉田選手が有刺鉄線板の餌食になってしまいます…。
ブルーボックスを持ち込み攻撃を仕掛ける神田選手ですが、鷹木選手の手にもレッドボックス!
その後、リンダ選手が加勢に入り劣勢となった神田選手。
有刺鉄線バッドの上からパイルドライバーで3カウントを取られてしまいました…。
(これには会場からも悲鳴が…!)
厳しい状況になってきたジミーズですが、ここでいい風が吹いてきます!
堀口選手が吉田選手にバックスライドでぶん投げる!
しかし吉田選手は毒霧攻撃で堀口選手を怯ませにいきます…が!
これを諸共せず堀口選手今度はバックスライド・フロム・ヘブン!
見事3カウントを取りました。

この後リンダ選手、有刺鉄線板を再び設置し斎了選手に攻撃を仕掛けますが逆に斎了選手に投げられてしまい背中から板に打ち付けてしまいます。
さらにススム選手のジャンボの勝ち!でリング上に倒れこんでしまったリンダ選手、その体うえにコーナーポストに設置された有刺鉄線板をセットしその上から斎了ロケット!
さすがにこれは返せずカウント3が入りました。

これでジミーズ残り3人、VerserK2人で逆転です!

リング下から有刺鉄線椅子を取り出したVerserK。
それをつかってT-Hawk選手が堀口選手に一撃…!
そのままBTボムを狙いますが、堀口選手これをフランケンシュタイナーで回避!
バックスライド・フロム・ヘブンでカウントにはいりますが2で返され、BTボムを再度かけたT−Hawk選手に敗れました…。

堀口選手、斎了選手が敗退し、ジミーズは残りススム選手1人。

後がなくなるジミーズ…ここでVerserK組がリングのロープを全ておろし、有刺鉄線を巻きつけた長机を持ち込みます。
その上から鷹木選手、ススム選手にパイルドライバー!机が真っ二つに折れススム選手大ダメージを受けます……が。鷹木選手にも思い切り有刺鉄線が刺さりダメージが…!?


T-Hawk選手が加勢に入り進む選手の動きを封じますが、なんとここでススム選手毒霧!
両選手にジャンボの勝ち!を叩き込み鷹木選手に3カウント!

VerserKも残り1人です!

“ナイトライド”
ジミーズは止めに入ろうと、セコンドのカゲトラ選手ががススム選手の腕に有刺鉄線を巻きつけ、T−Hawk選手にジャンボの勝ち!を敢行!!しかしこれはカウント2…。
この後なんどもなんどもジャンボの勝ち!を打ち込みますがなんとカウンターでケルベロスが入ってしまいます…。
リング上に大量におかれたイスの山にめがけBTボム、ナイトライドと連続で技を決めますがススム選手執念でカウント2で返します。
しかし最後はとどめのケルベロスで3カウント…。
ユニット解散となったのはジミーズとなりました…。

メインイベント オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
YAMATO(王者)vs望月成晃(挑戦者)

いよいよ本日のメインイベント。
望月成晃vsYAMATOのドリームゲード戦です。

試合前から緊張感漂う佇まいの望月選手。
入場時、望月選手の表情はフードで見えませんでしたがこの試合にかける思いは人一倍強く感じました。
セコンドにはCIMA選手、Gamma選手、キッド選手、フジイ選手そして市川選手とベテラン軍が登場!

そして会場に響き渡る「YAMATO SPIRIT」。
その表情は…ニヤリと笑っていました。
溢れ出る高揚感が表情からも垣間見えました。バックで流れる「YAMATO SPIRIT」と共に入場してくるYAMATO選手には、絶対王者としてのオーラを感じます。

セミファイナルとは対照的に、会場が思わず見入ってしまうような息を飲むマッチアップが続きます。
場外、リング上と足技の掛け合いが続きお互いふらつく場面も。

YAMATO選手の胸板めがけ、キックを連打する望月選手。
その足を捉え、YAMATO選手が望月選手にアンクルホールド。
しかし望月選手がそのまましゃがみこみ体制を入れ替えYAMATO選手の足をとりアンクルホールド返しと、どちらが相手の足を取るのか?!そんな攻防が繰り広げられました。


試合も中盤。
望月選手はYAMATO選手に対し、最強ハイキック→真最強ハイキックのコンビネーションを狙いますがすきをつかれてスリーパー→ツームストンを食らってしまいます。
一瞬も気が抜けない状態です。

お互い倒れこむ両者。
望月選手がYAMATO選手の髪を掴み、頭突き。
起きあがり、キック合戦に。
「来い!」と真正面から受けて立つYAMATO選手ですが、望月選手の怒涛のコンビネーションキックに倒れこんでしまいます。

起き上がったYAMATO選手に三角蹴りを狙いますが足をとらえられアンクルホールドの体制に…!
これはうまい。
なんとか返した望月選手。
顔面にキックをお見舞いします。

 

試合終盤、胸板に蹴りの連打をくらい足を引きずりギリギリの状態のYAMATO選手。
決死のgo 2 HospitalⅡ→go 2 HospitalⅠ→そしてギャラリアを望月選手に決めます!
決まったか?!と思われましたがカウント2です。

再度ギャラリアをくらいますがまだまだ返す!
3度目のギャラリアは頭突きで返し、走りこむ望月選手ですがYAMATO選手をこれをとらえスリーパーホールドです。
そして「4度目の正直」と再びギャラリアを狙いますが、望月選手が裏ツイスターで返す!

立ち上がった望月選手。怒涛のコンビネーションキックを見舞い最後は真・最強ハイキック!
しかし王者YAMATO選手、2で返します!
ふらふらになりながらも執念で立ち上がるYAMATO選手に望月選手…止めと言わんばかりの顔面へ三角蹴り!!!
カウントは…3!!!!
新ドリームゲート王者は望月成晃選手となりました!

終了のゴング後、両者倒れこみ動けなくなっていました。
試合前、望月選手の「試合が終わっても何分経っても口が開かなくなるような試合をしようぜ」という言葉がよぎりました。
そして望月選手のセコンドに付いていたベテラン軍の5人も自分のことのように喜びリングイン!

試合後、目頭を押さえながらCIMA選手がマイクをとりました。

まとめ。時代の終わりと始まりの瞬間を目撃した。


ジミーズというドラゴンゲートにとってかけがえのないユニットの終わり、
ドリームゲーと新王者、望月選手の新たなスタート。
ここまで大きな動きを現地で目撃したのははじめてでした。

ドリームゲート戦。私は望月選手を応援していましたが、CIMA選手と同じように「もしかしてこれを最後に…」と一切感じなかったかと言われたら嘘になります。(失礼ですが…)心のどこかでそういった不安、ではないですか心の突っ掛かりがある状態で観戦していました。
なにせ相手はYAMATO選手。
YAMATO選手がドリームゲートのベルトを巻いていない姿も全く想像がついていない状態なのでなおさらです。

なので、あの三角蹴りが決まってゴングが鳴った瞬間。
私の口から出た言葉は「やった〜〜〜〜〜!!!!!!!!」ではなく「すごい…」の一言でした。こんなことってあるんだ、と。

望月選手は、私とはかなり年が離れていますが(むしろ父母と同い年くらい)、諦めずにずっとずっと夢を追い続けたら叶うんだと、若輩者の私にも希望が見させていただいたような気持ちになりました。

10月5日(木)の後楽園大会では新王者としてベルトを巻いた望月選手の姿が、そして「さよならジミーズゲート」の最終戦が行われます。

ユニット存続がかかったここ数ヶ月、かなり気をはっていたジミーズでしたが、5日ではススム選手の「最後まで、いつも通りの仲のいいジミーズで」という言葉通り、ジミーズらしい姿を見られたらいいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でえな屋をフォローしよう!

掲載されている文章・写真・イラスト等を使用する際は必ず引用元として、
ブログ記事のURLまたはえな屋SNSアカウント(Twitter,Instagram)のリンクを貼ってください。
また作品のリサイズ・トリミング以外の二次加工は禁止させていただいております。
ご報告は任意ですが、本人が喜びます。

PAGE TOP