プロレス 夏観戦のススメ(熱中症予防)

【ドラゴンゲート】2018.5.6 愛知県大会結果速報 金網マッチのイラスト観戦記

ドラゴンゲート 2018.5.6 愛知県大会結果速報 金網・ツイン・ブレイブの結果速報など【ドラゲーイラスト観戦記】

ゴールデンウィークのドラゴンゲートと言えば、「金網×コントラマッチ」です!
今年も、敗者の髪をかける「カベジェラコントラカベジェラ」金網7WAYマッチが開催。
今回はこのメインイベントの感想記を書いていきます。

関連記事:
ドラゴンゲート 2018.5.6 金網7WAYマッチルールまとめ【人物相関図・援護や妨害についても】

メインイベント カベジェラ・コントラ・カベジェラ金網サバイバル7WAYマッチ
望月成晃 vs YAMATO vs 斎藤了 vs パンチ富永 vs エル・リンダマン vs 鷹木信悟 vs 神田裕之

ルールのかんたんなおさらい

  • 7人で金網上部の5つの旗を奪い合う。
    奪ったらリングからエスケープできる。
  • 試合10分経過後、各ユニットが5分ずつ援護・妨害
  • 5つの旗が取られた後、金網に残った2人で5分間のシングルマッチ。
    負けた選手が髪切りとなる。決着がつかなかった場合は2人とも坊主。

ANTIASとベビーフェイス側に別れて協力しながら試合
試合開始~10分後まではヒールの「ANTIAS」と、YAMATO選手、望月選手、パンチ選手、斎了選手の「ベビーフェイス軍」に別れて協力体制を組んで試合。
パンチ選手は何度もロケットパンチを繰り返し行いますがどれも不発…。これによってダメージが蓄積されていってしまいました。(YAMATO・望月・斎了の作戦だったのか?!)
数の多いベビーフェイス軍がやはり一歩有利で、リンダマン選手と神田選手お互いの足を4の字に固めたりと協力プレイが多かったです!

【援護①】なんとKagetoraも?!的確にやらしく攻撃するANTIASの妨害

【援護①】なんとKagetoraも?!的確にやらしく攻撃するANTIASの妨害
あっという間に10分経過し、場内にANTIASのテーマが流れます。
戦闘を切って登場したのはなんとKagetora選手!
「どこかのユニットに身をおさめる、僕の決断にご期待ください!」とコメントしていたKagetora選手ですがまさかまさかのANTIAS側として登場。
いの一番に金網に上がり妨害をします。

最初のエスケープはエル・リンダマン

金網に上がって旗を取り合う望月選手とリンダマン選手でしたが、Eita選手が(透明な)毒霧攻撃でアシスト!
これにより望月選手は金網から落下し、リンダマン選手がエスケープとなりました。

【援護②】ユニット出なくても絆あり!無所属チームの援護&妨害

【援護②】ユニット出なくても絆あり!無所属チームの援護&妨害
続いて登場したのは無所属チーム。
前日望月選手にご飯をおごってもらった若手選手やしゃちほこBOY選手&市川選手が援護・妨害に参戦!
そしてゆっくり花道を歩くフジイ親方…?スモウロボ???!!が登場!
金網に張り手をしたり、金網に角材を設置して足場を作ったりとファインプレーでした!

【援護③】トラヴァン兄弟ユニット?!MaxiMuM

【援護③】トラヴァン兄弟ユニット?!MaxiMuM
3番目はTRIBEVAN GUARDと兄弟ユニット宣言をしたMaxiMuMが登場!
土井選手はハリセンを持参しYAMATO選手を援護。
そしてジェイソン・リー選手はブルース・リーのコスチュームでヌンチャク攻撃

吉野選手は入場口から金網への大遠投でANTIASを妨害します!
華麗なヌンチャクさばきと相当な距離からの援護、これ本当にすごいです!

新ツインゲート王者となったBIGBENは会場にある柵を使って鷹木選手を妨害しましたが…一緒に上っていたYAMATO選手も金網から落っこちることに。。

【援護④】「自然に」盛り上げながらもガッチリ援護!NaturalVebus

【援護④】「自然に」盛り上げながらもガッチリ援護!NaturalVebus
続いての援護・妨害は新ユニットNaturalVebus(ナチュラルバイブス)。
クラッカーや、ピコピコハンマーなどの武器を持参し次々に頂上まで上がった選手を妨害していきます!
そして極めつけの金網上部からの特大ゴムパッチン!
会場の端まで伸ばされたゴムで鷹木選手と神田選手はノックダウンです!

パンチ選手は隙をついて金網に飛び上がりますが、鷹木選手執念でパンチ選手を妨害!
Kzy選手が特大クラッカーで援護しますがひるまず妨害!
しかしパンチ選手、鷹木選手が掴んでいたコスチュームを脱ぎ捨て見事エスケープしました!
お見事!



【援護⑤】妨害大好き!OVER GENERATIONの援護

【援護⑤】妨害大好き!OVER GENERATIONの援護
5番目に登場したのはOVER GENERATION
お揃いのサッカーユニフォームを着ていましたね!
毎年恒例のボール発射マシーンやGamma油の登場ですが…今年は石田油も登場です!
油の後継者ですか?!(笑)
見事ANTIASを一掃しますが最後の最後のパイ投げは斎了選手に誤爆…!
ちょっとうっかりも多かったOGでした。

【援護⑥】クセがつよすぎ!TRIBE VANGUARDの援護

【援護⑥】クセがつよすぎ!TRIBE VANGUARDの援護
早速金網に上がって望月選手を狙うマリア選手ですが、ここで望月選手まさかの行動!
なんと逆にキスをしてマリア選手をノックアウトです!
…これが大人のキス……!見事エスケープしました。

ANTIASがレフェリーからカギを奪い金網に侵入

カギを奪いリング内に入ってきたセコンドANTIAS。
ルール無視で暴れまくります!
これに乗じ、鷹木・神田組はエスケープを狙いますが鷹木選手はパンチ選手の妨害がはいり旗を獲ることができず、神田選手が1人がエスケープになりました。

ANTIASを裏切ったKagetoraが援護!
リング内に入るANTIASを一掃!

その後ハルク選手がリングに侵入!ANTIASに1人立ち向かいます!
しかしANTIASがこれを妨害。
レフェリー2人にも攻撃を繰り出し、さらには有刺鉄線バットを取り出しKagetora選手にYAMATO選手を攻撃するよう命じますが…Kagetora選手これを拒否!
ANTIASを攻撃し、Tシャツを脱ぎ捨てました。
その下にはTRIBE VANGUARDのシャツ!熱いですね~!!!
会場の盛り上がりも中継から伝わりましたよ!
その後ハルク選手と連携とオネエ軍団のキス援護によりANTIASをリングから一掃しました。
この援護により、YAMATO選手は無事エスケープとなり旗はすべて金網上からなくなってしまいました。

金網に残ったのは鷹木と斎了!
5分間1本勝負で髪切りを決める

旗をとれず、最後に残ったのは鷹木選手と斎了選手。
ゴングが鳴り5分間一本勝負が始まりました。

試合開始直後、金網の外から吉田選手の毒霧を食らってしまう斎了選手。
負けじと立ち上がりプレミアム・ブリッジの体勢に入ります。
しかしこれをほどき、鷹木扇子も2回連続のMADE IN JAPAN。
ダメか!と思われましたがこれもカウント2で返す斎了選手。
場内は大きな斎了コールに包まれてました。

しかし最後はパンピングボンバーからのラストファルコンリーの3カウント。
試合時間はなんと4分59秒。
道連れには1秒足りず、斎了選手の負けとなり髪切りが決定となってしまいました。

結果は1秒足らず…斎藤了が敗北
髪切りが執行。

負けた斎了選手は地べたに座らされ、ANTIASの面々から髪を刈られてしまいます…。
これは屈辱ですね…。
会場も静まり返ってしまいました。

ヤングに一喝!
ANTIASは鷹木信悟中心に!

勝利した鷹木選手は斎了選手の頭を刈りながら機嫌よくマイクしますが、今大会のヤングアンチアス3人についてマイクで言及します。

「斎藤了らしく」明るく楽しい締めに。

俺間はまだまだあきらめないと力強くマイク

ユニット結成か?
お客さんに笑ってもらえるような「何か」を予告。

無所属のメンバーが一生懸命助けてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです
やっぱりユニットの力ってすごいって思いました

感想

久々のバッドエンドではありましたが、でも斎了選手が持ち前の明るさでグッドエンドに持っていってくれましたね!
こういうところが、まさに「ドラゴンゲート」という感じで素晴らしいと思いました!
ユニットが交代で援護と妨害をする新しいルールも楽しく、最後の斎了選手のねばりや鷹木選手の畳みかけも見事でしたね。

そして、この記事ではかき切れませんでしたが他の試合も素晴らしかったです!
はちゃめちゃな金網に、息を飲むベルト戦。
今年は中継でしたが、来年は名古屋に観戦に行こうと心に決めました!
8日からはキングオブゲートも始まり、海外への本格的な進出も決定して更に目が離せませんね。