2019.8.24 DANGEROUS GATE 2019 観戦マンガ公開!

【ドラゴンゲート】2019/9/11 東京・後楽園ホール大会の感想記 前編

こんにちは、イラストレーターのはしもとあやねです。
今回の後楽園大会はドラゴンゲートネットワークのライブ中継で観戦をしていたのですが、ついつい仕事に集中してしまい、ご飯を食べ忘れてしまいました。
ライブ中継の日は、できるだけ中継前にご飯を食べるようにしていたのですがうっかりしていました。。

じゃあ仕方がない…、iPadで中継を観つつ、パパッとご飯をつくるか~
と、思ったら!
うっかり買い物を忘れてしまって冷蔵庫の中身がからっぽ!

じゃあ仕方がない…!こうなったら家の近くのコンビニでご飯を買おう。
その間はイヤホンで中継の音声を聞こうではないか!と思ったら、なんと解説が私が1番応援している土井選手。
そして第1試合のカードもおもしろそうじゃありませんか…。

第1試合が終わったらコンビニに行こう…と思ったら、第2試合が今注目の、「望月道場」奥田選手・ヒョウ選手、「MaxiMuM」石田選手のいるバチバチ中の若手選手のタッグマッチ。
第3試合は、神田選手とBen-K選手のシングルマッチ!
第4試合はこの日の後楽園大会で「新たなターゲット」を発表すると告知していたEita選手が登場するじゃありませんか…!

私はできるだけ、プロレスをはじめてみた時のような新鮮な気持ちで観戦したいと思っています。
そのため、できるだけ当日のカードを観ないように心掛けているのですが…
今日の後楽園がこんなに好カードが詰まっているとは思っていませんでした。まさに嬉しい誤算です。


第1試合で場が温まったと思ったら、第2試合でバチバチとした雰囲気にガラリと変わりました。
この試合はヒョウ選手と奥田選手の誤爆が続きなんと「どちらが望月道場を辞めるか?!」という話にまで発展してしまいました…。
ここは望月師範からの一声で、来月の後楽園大会で決着をつけるためのシングルマッチがきまったのですが、なんとここに石田選手が加わり3WAYに!

解説の堀口選手もおっしゃった通り、石田選手が入ることでいい意味で空気が変わってより楽しみなカードになりましたよね!
来月どのように決着がつくのか…!注目です。

第3試合は、なんとBen-K選手が2分30秒で神田選手に勝利。
YAMATO選手との防衛戦でも素晴らしい戦いを見せてくれた、ドリームゲートチャンピオンのBen-K選手。圧倒的な強さです。


そして、大田区大会の雪辱戦のような形になったR・E・Dvs斎藤了・スペルシーサー・新井健一郎組のタッグマッチ。
結果はなんと、リングアウトによってR・E・D組の勝利!
リング外で斎了選手たちを痛めつけ、リングに上がらせなかったのです。

結局どの試合も中途半端に観たくなくて、空腹と闘いながらのしっかり前半戦を観てしまいました。
しかもてっきり第4試合後にR・E・Dのターゲットの発表があると思ったら後半戦におあずけ!

自分の思った通りにならないところがプロレスの面白いところだな~と改めて感じました。