ドラゴンゲート10月後楽園大会 観戦マンガ公開!

【ドラゴンゲート】2019.10.8 東京・後楽園ホール大会に行ってきました!【観戦漫画】

ドラゲー大好きプ女子漫画家はしもとあやねです。今日は始発で東京にやってきました。そう!今回はドラゴンゲート後楽園ホール大会を観戦しにきました!若手3WAY闘龍門vsR・E・Dドリームゲートと注目カードいっぱい!その前に連載でお世話になっているプロレスTODAYさんに遊びに行きました!そしてまさかの増刊号の配信に参加させていただきました‼柴田編集長山口総監督とドラゲートークしています(ガチガチに緊張してて声全然出てないですがよかつたら見てください)

ソリが合わず誤爆が続いていた望月道場ヒョウ選手と奥田選手、10月後楽園ホールでシングルマッチを行い決着をつけようという流れに。その2人の間に登場したのは奥田選手とのばちばちが続いていたMaxiMuMの石田凱士選手。一体どうなってしまうのか!気になる注目カードでした。石田選手と奥田選手めっちゃバチバチやってる〜!あれ?ヒョウ選手は?

なんとヒョウ選手が椅子で奥田選手に暴行!望月道場を抜けR・E・Dの一員に

第4試合から会場中のお客さんが衝撃を受ける…。怒りを隠せない望月道場 箕浦・吉岡。ここで名乗りを上げたのが師範望月!「吉岡、箕浦お前らの気持ちだけもらっとく来月コイツとは俺がやる」そういうわけでヒョウ選手と望月師範とのシングルマッチが決定

第6試合MaxiMuM vs NATURAL VIBES「MaxiMuMは今年に入って何一つ結果残せてへんよな?MaxiMuMもそろそろ動くからな」なんだと~!今年はこれ以降遠征控えようと思ったけど…これは控えれなくなるぞ…

セミファイナル スペシャル8人タッグマッチ ウルティモドラゴン校長をターゲットに定め試合に度々乱入するR・E・D。これをうけて闘龍門vs R・E・Dのタッグマッチが行われることに。これまで校長に危害を加える様子が見られない神田選手に注目がいった試合でしたが試合後半なんと校長に対してボックス投入。と…おもったらなんと!Eita選手にドーン!これには思わずお客さん全員もガッツポーズ!飛び跳ねて喜んでいる方もいました

いままでの非礼を詫びて校長と同じコーナーで戦うことを決意した神田選手「新メンバーはヒョウだけじゃね~ぞ!」謎のマスクマン2人が登場…!赤と緑の鬼?なまはげ…??誰なのか。この2人もほかのR・E・Dメンバーと同じく闘龍門を認めていないメンバーだそう。闘龍門vs R・E・Dの抗争はまだまだ続きそうです

オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合Ben-K vs 望月成晃   Ben-K選手がドリームゲートに初挑戦したのが2018年3月当時の王者が望月選手でした。挑戦者とチャンピオンが入れ替わっての再戦。熱いです!  ぶっちゃけ去年の望月vsBen-Kのドリームゲート戦を生で見なかったことを後悔してたので今回の遠征、即決しました

蹴って蹴って攻める望月選手。1年前のドリームゲート戦でBen-K選手を痛めつけた寝技でもおいこみます。しかし強敵を乗り越えて王者になったBen-K選手も常人離れしたパワーと根性で返す!幾度となく三角蹴りを止めるなどしっかり望月選手の動きを研究もしています。しかし望月選手もまけてないBen-K選手の攻撃をカウント1で返す望月選手に思わず会場の全員が…「うおあ!!!!」

1600人が思わず同じリアクションをした瞬間でした。「おおお…なんだこの一体感これがプロレスだよ…!」 頭突き にぶい音が後楽園ホール中に響き渡りました。そしてBen-Kクラッシュで3カウント2度目の防衛に成功しました。次の挑戦者はなんと吉野正人選手 11.4大阪での防衛戦が決定しました

過去2度ドリームゲートの挑戦者としてリングに上がったことのあるゆかりの地大阪そこで防衛戦を控えるBen-K選手。そして1年前王者としてBen-Kを降した大阪でドリームをその手に取り戻そうと闘志を燃やす吉野選手。これは熱い!大きいニュースをまとめるとこんな感じ。「①ヒョウがR・E・D入り 来月 望月とシングル②キャンディおかえり!R・E・Dを裏切り③R・E・Dに謎のマスクマン2人組④Ben-Kが王者防衛次回の防衛戦は11.4 吉野が挑戦」他にも色々嬉しいお知らせもありました。1.31後楽園ホール「闘龍門、再会」開催!、関東5つのボートレース場とのコラボ、バラエティイベント「ドラゴンゲート寄席」!来年のイベントも沢山発表されてもうわくわくですね!