ドラゴンゲートエディオンアリーナ大阪 観戦マンガ公開!

【ドラゴンゲート】2019.11.4 エディオンアリーナ大阪大会に行ってきました! 《THE GATE OF DESTINY 2019》【観戦漫画】

プ女子漫画家はしもとあやねです!エディオンアリーナ大阪大会にやってきました〜!(大阪の観戦2年半ぶり!)MaxiMuM全員がベルトに挑戦するとなったら行くしかないでしょう!↑しばらく遠征控えるとか言ってた人↑MaxiMuM贔屓の箱推しプ女子というわけでれっつごー!

【第1試合=20分1本勝負】●ヨースケ♡サンタマリア 箕浦康太○KAI VS 吉岡勇紀B×Bハルク 奥田啓介7 分 57 秒 バベルギア先輩選手相手のマッチアップとなった望月道場組でしたがなんと箕浦選手が勝利!マリア選手の3連続キスを潜り抜けての見事の勝利でした!【第 2 試合=時間無制限】★10 選手参加バトルロイヤル敗退順…椎葉おうじ→松山勘十郎→ホーホー・ルン→ジミー→しゃちほこBOY→問題龍→“ハリウッド”ストーカー市川→パンチ富永決勝:○ドラゴン・ダイヤ(7 分 35 秒 変形ウラカンラナ)Kagetora●第2試合は豪華なバトルロイヤル緊急参戦の松山勘十郎選手も登場 「おみごと!」試合結果はウラカンラナでダイヤ選手が初勝利!完璧にきまってました!これは大きな一歩ですね

【第3試合=60 分 1 本勝負】★スペシャルタッグマッチ○Kzy YAMATO VS 望月成晃 シュン・スカイウォーカー●13 分 28 秒 体固め→韻波句徒抽選で対戦カードがきまったスペシャルタッグマッチ同期コンビと元師弟コンビという熱いタッグに結果はシュン選手が敗戦となりましたが…パートナーを務めた望月選手がマイクを取ります「望月道場やめて半年か?なんだこのザマはよ威勢よく出ていった割りには何の結果もでてねぇじゃねぇかよ」「最後のアドバイス、お前にやるよBen-Kが、ドリームゲートチャンピオンになってお前はあせってるんだよBen-KはBen-K、お前はお前だろ?お前らしさ見失わずにこれからもがんばれよ」

「あ」ポロ…私も自分のやりたい仕事や、自分の夢に向かって 頑張っていたのですが周りを見て焦ってしまって「とにかく何かやらなきゃ」と思って、でも結果に繋がらなくて…とずっと焦っていたんです望月師範のこのお言葉は、私にも刺さってしまって思わず涙が出てしまいましたプロレスで泣いたの2回目だけど…マイクで泣いてしまったの初めてだなあ…←ぐすぐす「俺は望月さんから巣立ってこのドラゴンゲートでトップをとるとそう決めたんです俺はいまどうしようもない空回りしてばかりの状態だけど俺の夢は変わってません!こんな俺でも絶対にあきらめませんみなさん俺を見ていてください、ありがとうございました」

【第 4 試合=30 分 1 本勝負】H・Y・O 吉田隆司 KAZMA SAKAMOTO ディアマンテVS堀口元気 K-ness. スペル・シーサー ウルティモ・ドラゴン14 分 00 秒 両軍リングアウトウルティモ・ドラゴン校長率いる 登龍門vsR・E・Dのタッグマッチ謎の新メンバー(赤)の姿も「後楽園で見た時は不気味だと思ったけど…ちょっと可愛く見えてきた…」あちこちで乱闘が行われカウント19まで来てしまいました誰もいない!!!あ!校長戻ってきた!え〜〜〜〜〜!!!!結果は両軍リングアウト本当に誰かわからない…

【第 5 試合=60分1本勝負】★オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合●《王者》横須賀ススム(17 分 47 秒 タイガースープレックスホールド)《挑戦者》石田凱士○※石田が第 38 代王者にあらゆる強敵をなぎ倒す王者横須賀ススム選手に挑戦するのはキャリア4年目のMaxiMuM石田凱士選手。地元大阪ではじめてのブレイブゲート挑戦正直これを見に大阪まで来たと言っても過言ではない試合中盤まで足を徹底攻撃されていた石田選手、しかし終盤は脚をひきづってでも立ち上がり猛攻撃石田選手が38代王者になりました「ヒアーーーーーーーーブワッ」悲鳴隣の人と目があってこくこく  うなづき合う よかった〜〜〜〜

「やっと…やっとベルトを取れました…!ここまで辛いこととか苦しいこといっぱいあったけどプロレスラーやっててよかったですでもこれは僕の通過点に過ぎないですよ僕はまだまだ上をみてるんでこれからの石田に期待しててください」【第 6 試合=60分 1 本勝負】★オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合《王者組》 《挑戦者組》ストロングマシーン・G ジェイソン・リー●ストロングマシーン・F VS ドラゴン・キッド○ストロングマシーン・J 土井成樹12 分 8 秒 魔神風車固め ※王者組が 3 度目の防衛に成功ユニットの象徴トライアングルゲートのベルトを獲るために挑戦を表明したMaxiMuMおじいちゃん呼んでこいよ!!テメー!!!大暴れでした試合結果はストロングマシーン・j選手が魔風車固めで勝利…!マジで全勝だ…まさに殺戮マシーン…!!

【第 7 試合=60 分 1 本勝負】★オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権《王者組》 《挑戦者組》ビッグR清水 神田裕之○Eita VS 斎藤了●12 分 29 秒 首固め ※王者組が 3 度目の防衛に成功REDを脱けた神田選手。斎了選手組んで現王者組と対戦R/E/Dはこの試合でも謎の新メンバー(緑)を連れてきましたこれきまったでしょ!!これきまったでしょ!緑〜〜〜〜〜!!!!!!!!!結果はR/E/D組が王座防衛後楽園大会での抗争もさらにバチバチになりそうです

【第8試合=60分1本勝負】★オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合○《王者》Ben-K(21 分 45 秒 片エビ固め→スピア)《挑戦者》吉野正人●※王者が 3 度目の防衛に成功。2018年11月の大阪。この日この場所で行われたのは Ben-K vs 吉野のドリームゲート戦。この時はBen-K選手が挑戦者、吉野選手がチャンピオンでした。先月後楽園の望月戦につづいての「借りを返す」ドリームゲートリマッチ緊張感が漂いますスピアに入るために走り込もうとするben-k選手をしがみついて何度も止めコーナーポストから誰もが「もうだめだ!」とおもった強烈な一撃を喰らった後もすぐに立ち上がる吉野選手の姿は手に汗握りました

しかしBen K選手もすばらしい…!吉野選手の攻撃を耐えパワーとガッツでそれ以上の攻撃を返すソル・ナシエンテをもち上げてジャイアントスイングは本当にすごい結果は21分45秒Ben K選手が3度目の防衛に成功しました「すごくいい大会だった…ほんと今年もたくさん遠征に行ったな…私も仕事頑張らないと…」土井選手が登場「しゃべってるところ悪いなあ?次の挑戦者はこの俺や!」ドリームゲート挑戦を表明

前言撤回。12月も観戦することを決めたはしもとなのでした。というわけでDestinyGate2019は閉幕。自分の力で勝利を掴んだ新世代の若手選手。より高く飛ぶためのヒントを得たシュン選手。過去を清算して運命を切り開いたBen-K選手。連勝を止めようと行動して運命を変えようとする土井選手。いろんな思いが交錯した心に残る大会でした。3日後の木曜日は後楽園大会!今後の動きに注目ですね!そして私も、できることから頑張ろうと勇気をやる気をもらいました。とりあえず、よりいいものづくりをするために新しいパソコンぽちってファイナルゲートも購入!しっかり足元を見て、もっともっと頑張るぞ〜!!!