おすすめ 【ドラゲー】キングオブゲート2020 イラスト付きトーナメント表

③好きな技TOP3-プロレスについて正直に語る-【漫画】

すっかり寒くなりましたね。
寒すぎて室内でもニット帽をかぶってなんとかしのげないかとあれこれやっていたんですが…さすがに我慢の限界でした。
ぐうだら女の私もついに温かいお茶を解禁です。いや~あったかい

さて、Twitterの#タグ「プロレスについて正直に語る」で140文字では収まり切れなかった感情をブログでぶつけます!

今回は3つ目のお題。③好きな技TOP3です

◆デスティーノ(内藤哲也選手)
G1広島大会vs棚橋選手戦で初お披露目だった技。
という知識がペラペラ言えるのも、これは生で観戦しに行ったので鮮明に覚えています。
ちょっと余談ですが、内藤選手の試合を生で見たのはこれまた広島で行われたNEW JAPAN CUPの決勝以来でした。
まだ内藤選手にヒゲがなくてスターダストジーニアスだったころですね。
(準決勝の飯伏選手との一戦は今まで見た中で個人的ベストバウト)
素晴らしい試合が見れたと個人的には満足だったものの、世間では「内藤、また負けたよ」「また口だけかよ」と冷たいコメントがあったりなかったりちょっと複雑な気持ち。
そんな中、5月あたり。
突然のヒゲ、突然の寝っ転がり、突然のロスインゴベスルナブレス。
モバイルサイトの選手コメントを見るたびに「ちゃんと本人の口から何か言葉が聞きたい」と思いは募るばかりでした。
そしてついにその機会が。内藤選手の第二の故郷(色んな意味で)といっても過言ではない広島大会。しかもメイン!これはきたぞとそれはもうウキウキで観戦。
そしてそのメインでは、見たことのない新技「デスティーノ」で華麗に勝利。会場の何とも言えない空気も生で味わってきました。
この日から内藤選手の行動に対する支持は上がったり下がったりはあったものの、徐々に変化していって今では会場から大歓声。「デスティーノが生まれた日」と一緒に変化を見ていけてとても感慨深く大好きな技です。
「広島でこの技が出たのも運命。」私がこれを目撃したのも、好きになったのもまた、運命。
◆ドラゴン・ラナ(ドラゴンキッド選手)
これは言わずもがな。すごすぎる・・・。開いた口がふさがりませんでした。
ドラゲーをまだ深く知らない時期に「vsリコシェ戦」を弟に動画で見せてもらってえらくビックリしました。
こんな技もあるんだ…!とまたプロレスの観方が変わってきた技です。
そしてドラゲーを見に行ってみようとおもったきっかけだったかも。
◆ジャンピング片足キック(仮)(土井成樹選手)
イラストを描いていたときは技名が分からなかったのですが、フォロワーさんに教えていただきました。ジャンピング片足キック(仮)!
初めて土井選手を見たとき「ムッキムキだからパワー系の選手なのかな??」と思いながら観戦していたのですが、スピード感あふれる試合にビックリして。
そしてこのジャンピング片足キック(仮)をみた時はもう驚きました。
「は~~↑」(原文ママ)と思わず声が出ましたね。
DOI555もマスキュラーも好きなんですが、この技が印象に残ってます。

なんだかんだで語ってしまいました。
さーて次回は「好きな入場曲TOP3」
これ投稿したらストックなくなっちゃう…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。