プロレス 夏観戦のススメ(熱中症予防)

【ドラゴンゲート】キングオブゲート2018 イラスト付き対戦カード表とルール・個人的見どころまとめ

開幕戦の結果はこちら!
【ドラゴンゲート】2018/5/8 キングオブゲート2018開幕戦をイラスト付き対戦カードで振り返り

Aブロックの対戦表 YAMATOvsKzyに注目。若手選抜選手がどう動くか!

【ドラゴンゲート】キングオブゲート2018 イラスト付き対戦表Aブロック YAMATO・Kzy・Ben-K・神田裕之・・若手選抜選手
実力派ぞろいのAブロック。注目のマッチアップは開幕戦で行われるYAMATO vs Kzy戦です。
さらなる成長のためTRIBE VANGUARDを離脱、4月後楽園大会ではススム選手・堀口選手・パンチ選手・YASSHI選手とユニット結成も公言し、いま波に乗っているといっても過言ではないKzy選手。
そんなKzy選手と前ドリームゲートチャンピオンにして誰もが認める実力派、同期のYAMATO選手とのシングルです。
シングルでの対決はかなり久々なのではないでしょうか?!開幕戦から熱い試合が見れそうです。
(若手選手については後項)

Bブロックの対戦表 MaxiMuM同門対決や吉田vs清水のパワー対決に注目

【ドラゴンゲート】キングオブゲート2018 イラスト付き対戦表Bブロック B×Bハルク・ビッグR清水・吉田隆司・堀口元気・ジェイソン・リー
ハルク選手をはじめとするテクニック自慢の選手と、ドラゴンゲートのパワー系レスラーの吉田選手・清水選手がいるBブロック。
注目は、やはりパワー対決とそしてMaxiMuM同門対決でしょうか。
清水選手とジェイソン選手は誕生月も同じの同い年!
国は違えど、オフの日も共に行動したり清水選手が通訳をかって出たりしたりと(笑)大変仲の良い2人。
同い年といっても、パワー×テクニックとバトルスタイルがかなり違うこともありかなり注目しています。

Cブロックの対戦表 キッドvsEitaの元師弟対決

【ドラゴンゲート】キングオブゲート2018 イラスト付き対戦表Cブロック 土井成樹・ドラゴン・キッド・Eita・ヨースケ♡サンタマリア・パンチ富永
曲者揃いのCブロック。個人的注目はずばり5/19大阪のキッドvsEita戦です。
実は昨年もEita選手とキッド選手は同ブロックで対決した2人。
結果はEita選手が勝利。

キングオブゲート2017途中結果とピックアップ(キッドvsEita/カゲトラvs山村)


その際は美しい師弟愛が垣間見えた素晴らしい試合だったのですが…今年は全く逆。
OVER GENERATIONもとい、師匠であるキッド選手を裏切ったEita選手と3月のトーナメントでブレイブゲート王者となったキッド選手。
キッド選手はEita選手の裏切り後にタッグマッチで再戦が予定されていたのですが、その後けがのため欠場。
その後の2人のマッチアップはあまりない印象でした。
裏切りから約半年。ここで元師弟同士の1対1の対決が行われる、というのは注目です。

Dブロックの対戦表 ここでも鷹木vs斎了!

【ドラゴンゲート】キングオブゲート2018 イラスト付き対戦表Dブロック 吉野正人・鷹木信悟・横須賀ススム・斎藤了・Kagetora
Dブロックでの注目は、5.6での金網入りも決まっている鷹木vs斎了
キングオブゲートでも5/27札幌三連戦最終日でマッチアップが!
ジミーズ解散マッチ後やお笑いゲートなど、昨年からシングルが多いこの2人。キングオブゲートではセコンド介入なしの本気バトルを期待します!

今回のキングオブゲート補足

若手選手がAブロックの出場枠をかけて争奪戦!

Aブロックの1枠をかけて、422日(日)の博多スターレーン大会で「KING OF GATE 2018 若手出場枠争奪6人タッグマッチ」を開催!
対戦カードは以下と発表されています。

石田凱士/シュン・スカイウォーカー/吉岡勇紀
vs
U-T/ワタナベヒョウ/椎葉おうじ

タッグマッチですが恐らく3カウントをとった選手が選抜に選ばれるのでしょうか。
全選手キングオブゲートの出場はもちろん初めて。どの選手が勝ち上がって、そして実力派揃いのAブロックでどのような戦いを見せてくれるのかが注目ですね。

優勝決定戦

各ブロックの最高得点者の4名で、トーナメント1回戦を6/1後楽園大会で。
そして、6/9博多スターレーン大会にて1週間後の決勝戦が行われます。

優勝者は翌日のメインイベント、望月成晃のもつドリームゲートに挑戦。

今回の優勝者はなんとドリームゲートのベルトに挑戦を確約。しかも翌日のメインイベントです。
1ヶ月間、シングルNo.1を目指し激しい戦いを連日繰り広げる選手たち。からだへの負担も大きい中、優勝選手は決勝の翌日にドリームゲート戦を控える。
昨年、優勝決定戦のT-Hawk vs 土井を生で観戦してきましたが…まさに死闘でした。
これは、大きなチャンスでもありますが…選手にとってはかなりハード!

まとめ

今年も約1か月かけて行われるキングオブゲート。
あまり聞いたことがありませんが、今回は最下位決定トーナメントもあるそうです。
最下位になった選手はなにかあるのでしょうか…??すこし注目です。
さあ、1ヶ月後この星取り表はどうなってるんでしょうか!?

参考:ドラゴンゲートオフィシャルブログ
DRAGON GATE シングルNo.1決定戦 『KING OF GATE 2018』 大会概要決定!

http://spora.jp/dragongate/posts/602926