プロレス 夏観戦のススメ(熱中症予防)

【ドラゴンゲート】2018/5/8 キングオブゲート2018開幕戦をイラスト付き対戦カードで振り返り

今年も始まりました、ドラゴンゲートシングルNo.1 決定戦「KING OF GATE2018」。
5.08 東京・後楽園ホールにてその開幕戦が行われました。
今年も星取り表(得点表)を作ってみましたので、こちら一緒に開幕戦の試合結果を振り返ってみましょう!

KING OF GATE 2018 Bブロック公式戦
ビッグR清水 vs 吉田隆司

KING OF GATE 2018 Bブロック公式戦:ビッグR清水 vs 吉田隆司
ドラゴンゲートのパワー自慢選手同士のシングル!
どちらのパワーが打ち勝つのか注目のカードでしたが、まさかまさかの短期決着!
試合時間2分で吉田選手の勝利でした。
「今年は俺が優勝する!」と力強いマイク…!
吉田選手、今年は気合が違います!

KING OF GATE 2018 Cブロック公式戦
土井成樹 vs Eita

KING OF GATE 2018 Cブロック公式戦:土井成樹 vs Eita
昨年ベスト4入りのEita選手と、決勝まで勝ち抜いた土井選手の対決!
土井選手はなんとシルバーヘアーで登場。
キングオブゲートにかける想いや気合が見られました。
試合終盤、そのままマスキュラーボムの体勢に入りましたが右腕をとられEita選手のジャベ。
この試合で4回以上は右腕を取られている土井選手、かなりダメージが蓄積されていましたが
最後はEita選手の隙をつきもう一度マスキュラーボム!…そして3カウント!
開幕戦見事白星を飾りました。

KING OF GATE 2018 Dブロック公式戦
吉野正人 vs 鷹木信悟

KING OF GATE 2018 Dブロック公式戦:吉野正人 vs 鷹木信悟
見どころバツグンの現世代対決です。(元MONSTER EXPRESS対決でもありますね!)
首への攻撃を続ける鷹木選手に苦戦する吉野選手。
しばらく苦しい場面が続きましたが、一発の強烈なチョップとトップロープからの場外ムーンサルトから流れを取り戻します。
その後フロムジャングル等で鷹木選手の腕を狙う吉野選手。

試合時間残り5分。
優勢の吉野選手、トルベジーノ→ソルナシエンテの体勢に!しかしこれはロープブレイク。
その後、腕吉野と攻めますが、鷹木選手もパンピングボンバーで返します。

試合終盤、MADE IN JAPAN2連発を食らう吉野選手、2カウントで返しますが最後はパンピングボンバーでカウント3。
鷹木信悟選手の勝利となりました。

KING OF GATE 2018 Aブロック公式戦
Kzy vs YAMATO

KING OF GATE 2018 Aブロック公式戦:Kzy vs YAMATO
2006年デビューの同期、そして「元」同門対決となったこの試合はAブロックの注目カードです。
お互いに力の入った張り手合戦や、お互いのことをよく知っているが故の駆け引き。
息を飲む展開が終始行われていました。

YAMATO選手は首一点集中攻撃。休む暇なく攻め続けます。
しかしKzy選手も負けじと、YAMTO選手にKZ.time2連発。
韻波句徒の体勢に入りますがこれは回避。

その後厳しい攻撃を受けますがカウント1で返すKzy選手。
ギャラリアのカウンターでスカイデスクールボーイなど、最後までどちらが勝つか分からない状況…!
ここで残り一分…スリーパーホールドからのギャラリアでとどめを刺すYAMATO選手ですがこれもカウント2!
最後はYAMATO選手、昨年7月のドリームゲート戦でみせたラグナロクを決め、19分42秒YAMATO選手の勝利となりました。


YAMATO「俺はこの場所で立ってる、お前とはもっと上で戦えるはずだ。待ってるぞ」

握手を差しのべるYAMATO選手ですがそれを拒否するKzy選手。
「俺はこの場所で立ってる、お前とはもっと上で戦えるはずだ待ってるぞ」と激励しました。

約1か月にわたる過酷なリーグ戦がスタート!

山梨大会や、毎年恒例の北海道3連戦はドラゴンゲートネットワークでも中継されるとのことでわくわくですね!
果たして優勝は…ドリームゲート挑戦権を勝ち取るのはいったい誰なのか。