2019/5/9 ドラゴンゲート KOG2019得点表と見どころ公開中

2017.3.8 ドラゲーイラスト感想記 後楽園ホール大会試合結果 ヘッドハンティングの結果は?!

後楽園大会感想 問題龍がOVERGENERATIONに!

昨日約1ヶ月越しにCHAMPION GATE2日目の観戦記をあげることができました。
この勢いで3月後楽園もドーンと感想記書いていきます!

メインイベントのみまとめようかと思っていたのですが先に第4試合だけピックアップさせてください。

第4試合タッグマッチ
フラミータ/Kzy組 vs ジミー・ススム/斎藤“ジミー”了

試合結果はKzyがエグイ角度の韻波句徒で斎了から勝利!
試合後Kzy選手がマイクを取ったんですがこのやりとりが印象的でした。

ジミーズに対して厳しいマイク。吉岡・高嶋をひきつれタッグ決定。2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会

この投げかけに、ジミーズと後輩の吉岡選手、高嶋選手も熱く答えていました。

「もっと試合がしたい」
「何も感じないわけがない」

特に斎了さんの「大阪のトライアングル戦でベルトを取られそのまま土井組がリングに上がり、俺たちはマイクも持たず帰るだけだった。…ふざけるな!」と声を荒げた時はそうだよな、と画面の前で私もうんうんうなずいてしまいました。
大阪のトライアングル戦は現地で観戦に行きましたが、何も言えず悔しそうに帰っていくジミーズを見るのは辛かったです。

それもあり、次回後楽園でジミーズは斎了・堀口・ススム組で和歌山大会にてトライアングルを戴冠したチームに挑戦表明。
さらに、Kzy・吉岡・高嶋組とカゲトラ・神田・クネス組のタッグマッチも決まりました。

Kzy選手の「自分の立ち位置を勝手に決めていないか?」という言葉は私自身にも響きました。
確かにそうだな、少し前に行くだけでも世界は変わっていくことをここ1年で体感してるので
私ももっともっと貪欲にならないとなと思いました。

今週の後楽園は「怖いジミーズ」に期待ですね。

 

メインイベントはVerserk vs OGwith土井のヘッドハンティングマッチ

ヘッドハンティングマッチルール 2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会

OVER GENERATION with 新婚土井 vs Verserkによる
「ヘッドハンティングマッチ」

勝利ユニットが相手ユニットのチームを引き抜くという異色の試合。
Verserkは後楽園大会の数日前より鷹木選手は…

、と宣言!(鷹木さんは吹っ切れて女々しさ全開です!最高!(笑))

対するOG組、山村選手は試合前インタビューは…

この試合前インタビュー、何が面白いかって助っ人の土井選手が一番張り切ってる。

ヘッドハンティングマッチ助っ人土井成樹。誰よりもノリノリ。 2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会

入場曲も「MUSCULAR COUNTDOWN」で完全に土井withOG状態。
この助っ人、ノリノリである。

試合はキーマンである山村選手が健闘!
序盤にT−Hawk選手に火をつけチョップの応酬。
最後はVerserkに長時間捉えられながらも、パンピングボンバーをパンチ選手に誤爆させ
そのままスターダストプレスで3カウント!!!
山村選手・・・本当に勢いがすごい!!
しかし試合後も、T−Hawk選手の苛立ちは収まらず収拾がつかない状態に・・・。

勝利したOG。引き抜いたのはなんと…

とりあえず2人をしずめ、勝利に喜ぶOG with 土井。

誰を引き抜くか相談するCIMA土井。なぜ土井はノリノリなのか…。 2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会
所属ユニットじゃないのになぜこんなにノリノリなのか(笑)

OVER GENERATIONがヘッドハンティングした選手は

 

鷹木信悟・・・

でもなく

T−Hawk・・・

でもなく
サイバーでもリンダでもパンチでもなく

問題龍。

これにはOG以外の観客含め全員が「え〜〜〜!?」とびっくり!
(画面の前の私もまあまあの声量で「まじで?!」と叫んでしまい隣の家から壁ドンが来ました。本当にすみません。)

問題龍選手も猛抗議!

まさかのVerserkに戻る選択肢が1つもない無慈悲な2択です。

山村vsT−Hawk。来月シングルマッチが決定! 2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会

そしてそのまま流れで、
試合後T-Hawkが山村に突っかかり収拾がつかなくなった二人は4月後楽園でシングルが決定。
そして大阪06vsリンダパンチのタッグマッチも決定。
(Gamma選手は欠場中ですがCIMAさんいわく、「Gammaちゃんはコーナーで見てるだけでええ」とのこと…はたしてどうなるのか)

…ここまで決定したところで、
すっかり話に入れなくなり退場口あたりまで無言でそ~~っと下がっていた土井選手をOGが呼び込みお礼を言うことに(笑)

ヘッドハンティングの下りでのけ者にされた土井成樹。OVERGENERATIONからお礼を言われる。 2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会

近所の気のいいおじさんみたいな感じで去っていくのでした。(笑)

問題龍

リング上が「新生OVER GENERATION」のみになったところで本題に。
OGが問題龍を引き抜いた理由。

それは、かつてCIMA選手も煩い、石田選手の欠場の理由にもなっている「首のヘルニア」。
それに気付いていたからでした。

たしかに夏以降、セコンドにはいるものの試合数がめっきりなくなっていた問題龍選手。
昨年12月の「土井ダーツ〜クリスマススペシャルイルミネーションバージョン〜」で当たった時は「久々に問ちゃんの試合が見れる!!!」と歓喜したものです。

…ですが本人のお話によると夏に首から真っ逆さまに落ちて体が思うように動かず、両腕も痺れっぱなしだったそう。つまり土井ダーツの時も凱旋大会の時も、トライアングルの時も…。
プロレスラーとして限界を感じ、引退も考えたと語っていました。

しかし!この度、妹さんにお子さんができて、「おじさん」になったそう。
「甥っ子の顔を見てもう一度リングに上がって戦う姿を見せてやりたい!」とマイク。

とCIMA選手も肩をポンポン。

欠場を発表した問題龍。OVERGENERATIONとして戻ってくるまで「じゃ〜な」 2017.3.8 ドラゴンゲート後楽園ホール大会

後楽園大会は問題龍選手のの、マイクと共に「Salty a Boo Boo!!」が流れ幕。
「じゃ~な」の挨拶は別れの挨拶な気がして、少しさみしいなと思ってしまいましたが
バックステージのこの一言で救われた気がしました。

「”OVER GENERATION”の一員として問ちゃんは帰ってきてくれるんだ!」「OGの問ちゃん楽しみだな」とちょっと安心しました。
ご本人は「すくねぇかもしれないけど、全国には俺のファンもいるかもしれねえ。」と言っていましたがそんなことない!あなたのファンはたくさんいますとも。
試合での姿も、セコンドでの姿も、愛嬌あるファイトを見て問題龍選手が大好きになりました。
問ちゃんの試合はFINAL GATEのトライアングル戦しか生で見たことがないので、復帰後に試合を観戦するのが楽しみになってきました!

欠場選手は多くなってきてさみしい反面、ご本人からこういった前向きなコメントを聞くと嬉しくなりますね。
我々ファンも前向きに応援して復帰のその日まで待たなきゃですね!
またリングやセコンドで問題龍選手の姿が見れるその日まで
じゃ~な!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。