ドラゴンゲートエディオンアリーナ大阪 観戦マンガ公開!

観戦する人は全員知ってほしい、最低限のプロレス観戦マナー

プロレス大好きなイラストレーター・漫画家のはしもとあやねです。
今回はプロレス観戦で最低限守っていきたいマナーやチェックしておきたいことをまとめてみました!
プロレスを初めて見る方も、見慣れている玄人の方もぜひご覧いただければと思います。

写真・動画撮影について

写真・動画撮影について

基本、試合中の写真撮影やSNSのアップは自由です!
ただしサイン会や売店の売り子中の選手の撮影は、グッズやサインを書かれている方とコミュニケーションを取られているのでマナー違反なので注意です。

動画撮影・録音は特別に許可がないかぎり基本禁止されています。
動画配信サービスやテレビ中継があるのに、撮影されたらたまったもんじゃないですよね。

【あるある】連写したやつアニメーションにしちゃおう〜♪  OUT!

またカメラの連写をつかったアニメーションGIFの制作も「動画撮影と同じ」とみなされます。

紙テープやのぼり

紙テープやのぼり

禁止されている団体もあるので、事前に確認をとりましょう。
紙テープを用意は、選手にあたると危険なのできちんと芯を抜くこと。
のぼりを使用する際は、他に観戦している方の邪魔にならないように注意しましょう。

「自分の席」で「座って」で観戦しましょう!

自分の席以外での観戦、席の指定のない場所での立ち見はマナー違反です。

迷惑行為はやめよう

【あるある】試合中トイレに行って戻ろうと思ったけどついつい試合を立ち見

試合中離席して、花道に駆け寄ったり、戻ってくる時についつい自分の席に戻らずに立ち見モードに入るのもアウトです!
試合がきになるのでついつい見ちゃう気持ちもわかりますが、会場にいる方はしっかり自分の席で観戦しているのでマナーを守りましょう。

【あるある】テンションあがりすぎて立ち上がる・こぶしを掲げる

ガウンに身を包んだかっこいいカラダのレスラーさんたちが入場した時は、めっちゃくちゃテンション上がります。
テンションが上がりすぎて立ちあがって後ろの席の方の撮影や声援を邪魔しないようにしましょう。

先日、観戦した時写真を撮ろうと思ったらこんな感じに…(涙)
配慮のためぼかしを入れていますが、立ち上がった体や顔よ上に上げている腕によって、リングや選手の顔が隠れてしまっていることがわかると思います。
この時の私の席はロイヤルシートで結構前の方の席でした。
私より後ろの席の方もたくさんいらっしゃったので、全員この景色だった、という・・・。

ついつい拳をかがげてしまった場合は、キチンと後ろの人に謝りましょう!
手をあげたり、タオルやボードを掲げたいときは、できるだけ顔より下に!
一緒にいい思い出を作るための鉄則です!

飲食やアルコールついて

基本OKだとは思いますが、会場によっては場内飲食禁止の会場もあるかもしれませんので事前にチェックしておきましょう!
アルコールも基本禁止ではありませんが、ほろ酔いくらいにお酒の量は抑えて周りの方の迷惑のかからないようにしましょう。
「会場に唐揚げなどの売店がある団体も!私はできるだけにおいのしないものを席で食べて、屋台で買ったおいしいけど香りがするものは休憩時間の間に立ち食いしてます」
余談ですが、プロレスを見終わったあとにお腹ぺこぺこ状態で行く居酒屋は格別なのでオススメです(笑)

心のある言葉を声援として送ろう

選手のマイクを遮ったり・心のないヤジはやめましょう

プロレスでの声援は大歓迎!ですが、心のないヤジは他のお客様の不快にも繋がりますので厳禁!
また、選手のマイクも試合とおなじくらい大切な場面です。
言葉を遮るような野次も、マナー違反。

個人的に思うのは、素晴らしい試合をした後の大会の締めとなる「選手の決め台詞」!
選手がちょっとだけお客さんを焦らして溜めて溜めて〜〜〜バシッ!て決めてくれてるのに、このタメのあいだに先に言っちゃったり「早く言えよ!!」って野次を送る方、たまに見かけます。
締まらない・変な空気になる・選手の方もかわいそうの3点セットです・・・。
最後なんですから、みんなでスッキリした気持ちで、そしてこの「タメ」も楽しめるようになってほしいですね〜」

【体験談】お酒はほどほどに。

体験談なのですが、試合をしている選手のセコンドについていたヒールレスラーにビールをかけた方を1度見かけたことがあり、ゾッとしました。
「なんてことをするんだ!」という怒りの感情より、「楽しんで来てるのに、なんでそんなひどいことができるんだ…」「こんな人が観戦してるなんて怖い…」という感情が生まれ私はこれ以降、その会場に足を運ぶことができなくなりました。
その方は係員に連れていかれましたが…酔っていようが、イライラしようが、人に水とかお酒をぶっかけて良いわけがありません!

ゴミは持ち帰ろう

ゴミは持ち帰ろう

ペットボトル、お菓子、食べ物などのゴミはキチンとゴミ箱へ/持ち帰りましょう

試合の妨害は絶対にしない

試合の妨害は絶対にしない

前項のお酒ぶっかけ事件も同様ですが、試合に集中している選手の妨害はNGです。
リングに何かを投げ入れる、選手にさわるなどがこれにあたります。

野球で「さっきのピッチングが気に食わなかった」からといって、マウンドに降りて説教したり、怒りのあまりペットボトルを投げるのと同じで、試合が一時中断になりかねませんし、観戦している人、試合している人、中継を観ている人などなどが嫌な思いをしてしまいますよね。

現地での観戦はあなただけの空間じゃない

自宅で中継を1人で観戦する場合は誰にも迷惑かけないなら、いくらでも文句言って・イラついて・さわいで・いくらでも飲んでもらってもかまいません。(かなり極論ですが …(笑))
ただし、プロレスを現地で観戦するのは違います。
1人でチケットを買って会場で観戦したとしても、周りにはあなたと一緒に声援を送り試合を見届けているファンがいます。
そして自分の想いをぶつけて、現地の人たちやカメラの向こうにいる人たちに向けて試合をする選手たちがいます。
自分や身内だけの特別な空間ではなく、会場全体でプロレスを楽しむための空間だと私は考えています。
試合前のアナウンスや、各団体さんがだしている注意やマナー動画などをしっかりチェックして、プロレス初心者の方もプオタの方もマナーを守って「みんなで」楽しく観戦しましょう!