えな屋(はしもとあやね)とは

はしもとあやねについて


広島県在住のイラストレーター/漫画家。
WEB制作会社でWEBデザイナー/アートディレクターとして7年間勤務後、2018年フリーランスのイラストレーターとして独立。
「わかりやすくおもしろく」をモットーにかわいらしくてコミカルなイラストや漫画制作をしています。

趣味はプロレス観戦、テーブルゲーム、美味しいものを食べること。
制作にはAdobe IllustratorCC,Adobe PhotoshopCCを使用しています。

PIXTAAdobeStock

えな屋とは?


「えな屋」とは、2016年ごろからSNS上で使い始めた私のペンネームでした。
よく「どういう意味なんですか?」とご質問をいただいていたのですが…本名の「あやね」をローマ字にし、それを反対から読むと

ayane ⇔ enaya

と、言うような形のアナグラムからきた名前でした。

個人事業主として開業する以前の約2年間、副業としてイラストのお仕事を受けたり、ブログを書いたり、SNSでイラストやマンガを投稿したりと、この「えな屋」という名前を通して素敵な出会いがたくさんありました。

この名前で活動してきた時の皆さんに支えてもらったことを忘れないようにと、屋号として残すことにしました。

「ユーザーの体験」を重視したコンテンツ制作

前述通り、WEB制作会社でWEBデザイナー/アートディレクターとして7年間勤務していた経験があります。
その際使いやすさや使い勝手、使い心地・感動・印象、購入までに行き着くプロセスなどの「ユーザー体験」を意味する「ユーザーエクスペリエンス(UX)」を重視したデザイン制作を行なっていました。

この経験を生かして、「お客様のお客様」であるユーザーの気持ちを重視したイラスト制作・キャラクター制作・漫画制作を心がけています。

Webサイト以外にも、チラシや名刺などのDTPの業務経験もあり、漫画やイラストを含めたデザイン制作のご依頼も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください!

イラスト・マンガで情報を
わかりやすく伝えるお手伝いをしています


第3者目線且つ、ユーザー目線を意識したイラストや漫画で、解説や図解をしてよりわかりやすく伝えるお手伝いをしています。
原稿をいただく場合でも、より読者に伝わりやすくするために次のような改善や提案をどんどん行なっていきます。
お困りごとのある方は、お気軽にご相談ください。

独立のきっかけにもなったイラスト以外の「趣味」

趣味はプロレス観戦。
2014年に生で観戦したことをきっかけに、プロレスの魅力にどっぷりとつかりました。
実は、プロレスラーの皆さんが戦っている姿を見て感化され、私も「イラストレーターとして挑戦したい」「頑張りたい」、と前向きになり個人でのお仕事をはじめました。
2016年からプロレス観戦ブログ「プロレスと私。時々日常」を運営。
イラスト・マンガを交えた試合レポートは「その日見た熱い光景を思い出す」、あるあるを踏まえたコミックエッセイ記事は「共感できる!」とファンのみなさんにご好評いただいております。
また、2017年よりプロレスニュースメディア プロレスTODAYさまにてプロレスの記事連載をさせていただいております。

プロレス団体様とのコラボは一つの野望です。
わくわくとドキドキを提供するみなさんとお手伝いができるようになったら嬉しいなと思っています。
そのためにも仕事も趣味も本気で夢中になります!