はしもとあやねとは

イラストレーター/漫画家はしもとあやね Ayane Hashimoto

広島県在住。穴吹デザイン専門学校を卒業後、デザイナー/アートディレクターとしてWEBデザイン、ロゴマークを手がけたのち、2018年フリーランスのイラストレーター/漫画家として独立。
モチーフの長所をおもしろく、わかりやすく、親しみやすく引き出すことをモットーにした、イラスト制作・漫画ストーリー制作・キャラクターデザイン・デザインを得意としています。現在はかわいらしくキャッチーなデフォルメタッチを中心に、実体験を用いたコミックエッセイ連載や、初心者にもわかりやすく噛み砕いたまとめイラスト、企画ロゴマークのデザインなど幅広く活動中。

好きなものはプロレス観戦/アニメ鑑賞/ゲーム(推理系アドベンチャー・人狼・ガイスターなどのテーブルゲーム)/お笑いなどなど。

● 制作実績:
学研プラス FYTTE「プ女子ダイエット白書」連載
プロレスTODAY「プロレスと私。時々日常」連載
吉本芸人生存確認テレフォン メインビジュアル
ななまがり&すゑひろがりずの地獄変  ロゴマーク
東京女子プロレス 「2次元だってプロレスしたい!」 ロゴマーク
そのほかの制作実績こちら

● 好きなこと:プロレス観戦、お笑い、テーブルゲーム、美味しいものを食べること
● 作業環境 iMac / Wacom cintiq / iPad
● 使用ソフト Illustrator / Photoshop / Procreate など

イラストレーターになったきっかけ
大好きなコンテンツに恩返しがしたい

独立のきっかけにもなったイラスト以外の「趣味」

私の趣味はプロレス観戦。
2014年に生で観戦したことをきっかけに、プロレスの魅力にどっぷりとはまりました。
実は、プロレスラーの皆さんが戦っている姿を見て感化され、私も「イラストレーターとして挑戦したい」「頑張りたい」、と前向きになり個人でのお仕事をはじめました。
プロレスに背中を押されて、私は一歩前に進むことができたのです。

プロレス団体様とのコラボは一つの野望です。
プロレスをはじめとする、真剣に誰かを楽しませるエンターテイメントのようにわくわくとドキドキを提供するみなさんとお手伝いができるようになったら嬉しいなと思っています。
そのためにも仕事も趣味も本気で夢中になります!

今後も任された仕事を精一杯励みながら

大好きなプロレス・お笑いのお仕事に携わりたい
キャラクターイラストを描くお仕事に携わりたい

という夢にも繋げていきたいと思っています。

えな屋とは?

「えな屋」とは、2016年ごろからSNS上で使い始めた私のペンネームでした。
よく「どういう意味なんですか?」とご質問をいただいていたのですが…本名の「あやね」をローマ字にし、それを反対から読む「

ayane ⇔ enaya

」と、言うような形のアナグラムからきた名前でした。

個人事業主として開業する以前の約2年間、副業としてイラストのお仕事を受けたり、ブログを書いたり、SNSでイラストやマンガを投稿したりと、この「えな屋」という名前を通して素敵な出会いがたくさんありこの名前で活動してきた時の皆さんに支えてもらったことを忘れないようにと、屋号として残すことにしました。